このページの先頭です

合成ポリマーって?オールインワンゲルに含まれる成分と効果効能

16views

投稿日:

オールインワンゲルに含まれる有害な成分

合成ポリマー

煩わしい作業と思われがちなスキンケアを、手軽に完了できるコスメとしても人気のオールインワンゲル。実はオールインワンゲルの多くに含まれている成分の1つでもある「合成ポリマー」は、有害な成分の1つと言われています。

合成ポリマーという成分は乳化剤としての役割から幅広く使用されています。合成ポリマーは、配合することで配合していないタイプの製品と比較してより短時間でゲルを事前に練り上げられるので、より簡単にスキンケアが実践でき、また肌に対して浸透塗布できる点が魅力です。

ところが、合成ポリマーは肌表面を強くコーティングする力を有しているため、肌表面の呼吸を妨げ肌が本来持つ内部からの保湿の働きを妨げる作用もあるなど、肌が持つ働きを様々な部分から阻害してしまいます。そのため正しい肌ケアを心がける上でできるだけ使用を避けたい成分といえるでしょう。

パラベン

安息香酸エステルなどの名称でも幅広く使用されているパラベンもまた、オールインワンゲルに使用されている有害な成分の1つといわれています。

パラベンがなぜ有害なのか?それは、パラベンという成分が持つ刺激の強さにあります。

パラベンは抗菌活性の働きを持つ成分で、これを配合することによって肌表面の殺菌や混入している化粧品の防腐効果が期待できます。

一方、殺菌効果を持つほどの強い刺激がある点も特徴で、この刺激が肌へのダメージの原因となってしまったり、アレルギーなど深刻な皮膚障害を起こす恐れもあります。

特に敏感肌の方や、過去に何らかの肌アレルギーを発症した経験のある方ほど、肌ケア時の利用を避けた方が良い成分です。

 

オールインワンゲルに含まれる有効成分とその効果効能

ヒアルロン酸・セラミド

オールインワンゲルをスキンケアコスメとして使用されている方の多くが、その保湿効果を狙って使用しているといっても過言ではありません。

そして、オールインワンゲルに使用されている保湿効果を持つ成分としては、ヒアルロン酸やセラミドなどが代表的です。

これらの成分には、肌に浸透することによって水分を保持する働きがあり、加齢により徐々に保湿効果を失い始めた皮膚に対しその効果を発揮してくれます。

保湿効果を補うということはその分だけ瑞々しく美しい肌を実現する効果も期待できるので、こうした成分が多く含まれているかどうか比較したゲルの選び方が、正しい肌ケアを行う上でもおすすめです。

エラスチン

天然由来の成分を多く含むオールインワンタイプのゲルに幅広く使用されている成分の1つにエラスチンがあります。

エラスチンは、主に肌にハリや弾力を補うリフトアップ効果としての働きを担う成分で、アンチエイジングを謳う化粧品にも数多く採用されています。

オールインワンタイプのゲルにエラスチンを配合することによって、肌に対して適度な弾力やリフトアップ効果をもたらすと共に、スキンケアにおけるシワと弛みの予防と化粧乗りの改善効果も期待できます。効果的な肌ケアを行う上でもできるだけ率先して選びたい成分です。

アルブチン・ハイドロキノン

特に高級を謳うタイプのオールインワンタイプのゲルに多く採用されている有効成分として、アルブチンとハイドロキノンなどがあります。

これらの成分は、肌に浸透させることによって肌内部の色素を分解する美白効果が期待できる上、肌のくすみや毛穴内部の黒ずみなど加齢に伴い発症しやすい症状を予防改善する効果も期待できます。

また、既に発症している黒ずみやシミの減少が狙える成分として同じく人気のビタミンC誘導体と一緒に使用されていることも多く、それぞれの成分の相乗効果によって優れた美白などの肌ケア効果が得られるなど、こういった成分が含まれていないコスメと比較しても、より高い効果が獲得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です