このページの先頭です

オールインワンゲルは容器で選べ?ジャータイプ・ボトルタイプの違いとは

256views

投稿日:

オールインワンゲルの容器はジャータイプが主流でしたが、最近はシャンプーなどにも使われているボトルタイプのものも登場しています。
どちらを選んだら良いのか、悩んでしまったりしていませんか?それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを理解していけば、そんなに悩む必要もなくなっていくでしょう。
こちらでは、ジャータイプ・ボトルタイプの違いを紹介していきます。オールインワンゲル選びの参考にしてくださいね。

1番多いのはジャータイプ

ジャータイプは、蓋をくるっと開けるいたって普通の容器です。保湿クリームなどによく使われているものですね。
ただ、オールインワンゲルの場合は顔に塗るものなのでデリケートに作られています。なので、内蓋でなるべく空気に触れさせないようにしたりスパチュラがついていたりします。
メリット
  • 残りの量が分かるので、どれくらい持つか予想できる
  • すくって使うので、自分の決めた量が取りやすい
  • 最後までしっかり使える容量が多く、価格がリーズナブル
 
デメリット
  • 内蓋が取りづらい場合がある
  • 空気が触れる回数が多い
  • 持ち運びには不便
 
ジャータイプが採用されているオールインワンゲルの種類は豊富なので、ジャータイプを選ぶしかないというケースもあるでしょう。慣れてしまえば不便には感じないかもしれませんが、どうしても内蓋がゲルにくっついてしまい取りづらかったりするんですよね。こういったちょっとしたことがイライラを産んでしまったりするんですよヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
でも、空気に触れてしまうと、酸化してしまったり劣化してしまうことがあるので捨てちゃダメ。毎回キチンと中蓋で空気を遮断してあげてください。
そして、ジャータイプは面倒だからといって指ですくってしまうのもダメなんです。指にいる菌が、ゲルの中で繁殖しているって考えたら使い付けることもできませんよね。付属のスパチュラは、そういった目的なので毎回清潔にしておきましょう。
 

ポンプ式は見た目が

ジャータイプのデメリットを解消するためでしょうか、最近ポンプタイプのオールインワンゲルも発売されています。シャンプーやハンドソープなどにもよく使われている、頭をプッシュすると中身が出てくるタイプの容器になります。
正直、見た目は地味なものが多いので高級感なきゃいや!という方には人気がないかもしれません。でも、ジャータイプの苦手な部分を解消しているだけあって使い始めると便利さに惹かれてしまうでしょう。
メリット
  • 毎回蓋を開け閉めしなくてすむ
  • 空気に触れないから、中身が劣化しづらい
  • 押すだけなので、簡単に使える
  • 家で使うならかさばらない
デメリット
  • 持ち運びには不便
  • 中身が見えづらいので、残量が把握しづらい
  • 容器の中身を全部使いきるのは難しい
  • 容器にコストがかかっている
中身を入れ替えるものではない限り、毎回きれいに使い切るのが難しいのがデメリットかなあ。逆さにすれは出てくるんだけど、それをやるのはちょっと面倒に感じてしまいます。でも、それ以外は許容範囲だと思っています。
持ち運びに不便なら、百均などで小分けできる容器を見つけてくればOKだし、中身は使っていればある程度予想できるようになります。気に入っているものなら定期コースで買ってしまえば、途中でなくなってしまうという心配もありませんよね。
とにかくメリットのほうが多いように感じます。旅行だって自分が使う分だけ持っていけばいいんです。簡単に容器に移すことができちゃいますから。

チューブタイプ

歯磨き粉やハンドクリーム、洗顔フォームなどでよく使われているのがチューブタイプですね。こちらの容器を採用しているオールインワンゲルはあまりありません。オールインワンゲルに合わないからなのか、高級感がイマイチだからなのか理由は定かではありません。
チューブタイプって、実は使い勝手も悪くないんですよね。形もコンパクトだし、ゲルが空気にも触れることがありません。ちゃんと空気を押し出して蓋をするだけでOKなんです。
見た目がちょっとだけチープに感じてしまうので、値段が高いオールインワンゲルには採用されていないのかもしれません。
 

使い勝手重視ならポンプタイプ

こうやってじっくり見直していくと、容器でオールインワンゲルを選ぶのも1つの基準になるかもしれません。なるべく状態の良いまま使いたいというのは、当然の意見だと思います。いちばん大切なお顔に塗ってあげるものですものね。
私的に使いやすいなーって感じるのは、プッシュボトルタイプのゲルなのですが、自分の肌にも合っているからなんだと思います。どんなに使い勝手がよくても肌に合わないものは使うことができませんからね。
元々が楽にスキンケアをしたい!ということからオールインワンゲルを使い始めたので、最終的にはポンプタイプに落ち着きました。基本的には、自分が欲しい成分や効果から選ぶのがいいんじゃないかな。どちらも同じくらいいいって感じたから、使いやすさ重視でポンプタイプに決まっていったんですよねー、私の場合。
もちろん容器だけではオールインワンゲルを選ぶ事はできませんが、「ゲルの容器によってメリットやデメリットがあるんだ!」って理解していくと、オールインワンゲル選びにも幅が広がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です